fc2ブログ

墓地の被災猫 捕獲へ②

さて、墓地の負傷した被災猫さんのその後です。
メンバーのHさん、午前中は数名のメンバーと
現地で粘るも、狙ったキジ猫さんは現れず、
現地解散となりました。
・・・が気になったHさん、夕方も様子を
見に行ってくれたところ!!

「夕方、いつもエサやりしている時間に行って
みるとキジトラがいました。捕獲器でしかけて、
しばし待つと入りました!
丸まって良く見えませんが、怪我の状態は尻尾が
ちぎれているように見えます。
あす時間休をもらい、KU先生に朝イチで連れて
行きます。」

なんと!無事捕獲に成功しました。

「キジトラ、KU先生に搬送しました。
尻尾の怪我でした。もとから短かった尻尾を
剥がされたようです。
治療の選択肢は二つ。
断尾し縫合か、放置して壊死させ抗生剤を
1ヶ月連続投与…

昨日、去勢手術でKA先生に預けているサビの
こともあり…サビは人馴れしてきているので、
もしかしたら里親募集できるよう慣らしてみよ
うかと思っていました。
キジトラは寄り付きません…。悩みましたが
人馴れしないためリターンする方向で考えていました。
KU先生にリターンの旨を伝えると『本当は一間後に
抜糸しなきゃないんだけど、また捕獲するのは無理
かもなぁ…抜糸はまぁ仕方ないか…』と。
今日、去勢手術とあわせてお願いし、夕方のお迎えです。

怪我の状況を見てリターンしようかと思います。」

キジ猫の負傷はシッポの怪我でした。
外猫さんにはとても多い怪我です。
化膿して命を落としたり、壊死を起こして血まみれの
尾のままさまよう子もいます。
早めに捕獲できて本当によかったです。

bochisabi1.jpg

この子が「サビ」ちゃんです。
少し馴れています。

bochikiji1.jpg

「キジ」さんです。
殆ど人馴れしていません。




スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

やまねこうり

Author:やまねこうり
仲良しクラブのメンバー
です。
日々猫達に振り回され
ています。
レスキューしたベンガル
瓜(うり)さんは
2017年4月に虹の橋へ😿
そのあとを引き継いだ
のは自称ベンガルmix
ナッツ(アニパル出身)
当然山猫ダッシュが
得意で他の猫達が獲物
ダミーのため、大変
迷惑がられております
(;^ω^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろックCute DC01
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR