fc2ブログ

「飼い主のいない猫対策セミナー」開催

去る8月3日(金)仙台市動物管理センターにて
ボランティア対象の研修会が開催されました。
私は仕事でどうしても休めず、参加したメンバーより
内容を教えて頂きました。
とても役立つ内容なので、頂いたメールをそのまま
転記します。
皆さま、ぜひお読みください。

今日は管理センターで田中亜紀先生の講義でした。
(田中先生はカルフォルニア大学デイビス校の先生です)
前回同様、1時間しかない講義のため 駆け足で進みました。
田中先生は8日にはもうアメリカへ帰るそうです。
今日は
「シェルターの動物を守るボランティア」
という
テーマでした。主に、感染症の予防や 流行した場合のことで
感染症を起こすウイルスの伝搬経路を絶つことや 徹底した
消毒をするよう説明されました。
講義はとっても勉強になりました。

アメリカのシェルターは、全体のうち9割が行政シェルター、
1割が民間のシェルター(No-killシェルター)だそうです。
なぜ、民間の方で殺処分ゼロが可能かといえば、そのシェルターの
やり方として、収容制限をしているからだそうで、拾われた動物を
どんな子でも引き取るようなことはせず、収容する動物は、行政
シェルターに選びに行き、貰われやすい条件の整っている動物を
受け入れているからだそうです。民間シェルターがあっても、
その地域では殺処分ゼロと言えないのは、行政施設の方ではやむなく
処分されているからであり、個体管理システムやボランティアトレー
ニングシステムが確立されていても、殺処分率は9割となり、日本と
あまり変わらないようです。

【シェルターに病気が多いのは、感染が成立する危険因子(
リスクファクター)が多いため】

●動物の出入りが激しい
●過密
●違う年齢の動物が集まる●つまり、感染症への感受性の
異なる動物が集まっている(バックグラウンドが不明)
●ストレス
●ワクチン接種不足
●ワクチンの防御反応不足(ストレスが原因)


もし犬にパルボが発生したら その隔離部屋で使った紙や
ボールペンは そこから持ち出さないし、他の部屋に持ち
込んでもいけないそうです。人間と物、器具や物品(筆記具も)
を 病気発生している部屋(可能性のある部屋)と 健康
(クリーン)な子たちのいる部屋で 行き来させてはいけ
ないということでした。
アメリカのあるシェルターの床面は コンクリートですが
洗浄し 消毒をしても 凸凹した床には水溜まりが出来てしまい
小さな窪みでも 乾かずに 水分が残る。その水分は
ウイルスやバイ菌の培地となるため 清掃→洗浄→消毒まで
きっちりした後でも その水溜まりからサンプルを採り培養
してみると ウイルスが発生。「掃除した後でも完全に乾燥
出来なければ、病原体はいくらでも増殖できる」そうです。

消毒がきちんと出来ていない要因に
●消毒薬の選択が間違っている
●消毒薬の濃度が間違っている
●消毒薬との接触時間不足
●有機物質(動物の排泄物等)を除去しきれていないまま
消毒している
●他の化学物質による不活化
●使い方を間違えている ●乾燥しきれていない
が挙げられるそうです。

塩素は「シェルターで見られるほとんどの病原体に効果的」
で【32倍希釈】がポイントだそうです。
【塩素:水の割合…1:32】

消毒をしても 感染症が抑制できていない時には、2種類
以上の消毒薬を併用するそうです。また、有機物が除去
できない場合には ビルコンに24時間接触(浸漬)も
効果的だそうです。フローリングでも 溝にウイルスが
潜んでいるため、塩素に10分以上接触させなければ
ならないそうです。その後、乾燥させる(可能ならば
直射日光で)。 日光(紫外線)消毒だけでは殺菌できない
病原体もあるため、消毒薬は欠かせないが、直射日光は
細菌や真菌、マイコプラズマには効果的だそうです。

病原体をあちこちに暴露させないためには

●危険対象動物の同定
●危険区域の同定
●確実な無菌化の評価
●危険区域の閉鎖

だそうです。危険対象動物は一番には 新しくシェルターに
入ってきた動物で、何の病原体を持っているか不明で
どんな環境にいた子かも不明だからだそうです。 病原体の
侵入経路は 新しく入ってきた動物、その動物が最初に入る
場所(キャリー、車両、検査台)、リードやブランケット、
それから 人(手、衣類、筆記具など)だそうです。
ワクチンを接種して2日以内の動物も、病原体の防御機能が
不十分とみなし、注意が必要です。
ふれあい場所やドッグラン、動物運搬用車両にも病原体が
たくさんいます。
危険区域の閉鎖は あまり意味がないそうです。
パルボや真菌は数週間の閉鎖では結局効果がなく、シェルター
では無菌化は無理ということからだそうです。

シェルターに来る動物たちの免疫状態で 厄介なのは
【不顕性感染(症状があらわれてない)で病原体を
排泄している状態の動物】だそうです。

日本でのワクチン接種率は 犬が3割、猫1割だそうです。
シェルターなら犬は5種混合、猫なら3種混合で充分だ
そうですが、シェルターにいると ストレスと病原体の宝庫の
ために充分な効果が得られるとは限らないそうです。

シェルターにいることは

●ストレス・病原体の宝庫→元気に来ても病気になる
●シェルターの仔猫は母性抗体が低い
●完璧な隔離ができない
●治療をしてもストレス下では十分な効果が得られない
●十分な運動ができない
●十分な社会化ができない

そこで、シェルターに8週齢未満の動物を入れずに、
入れてしまう前に 預かりボランティアに渡せるのが
一番良いそうです(24時間以内にシェルターから
出す)。アメリカでは8週齢未満の動物は譲渡禁止の
法律があり、8週齢までは 一般家庭で過ごすのが
望ましく、預かりボランティアも 8週齢を目処に
シェルターに戻し 譲渡対象とするそうです。


【一時預かりに適した動物】

●8週齢未満の幼齢動物
●軽度の疾患・外傷で治癒可能、譲渡可能な動物
●軽度の問題行動で修正可能

【一時預かりに適さない動物】
●フォスター(預かり)しても譲渡が難しい
  慢性疾患がある(糖尿病、緑内障)
●解決が期待できない行動学的問題を
  有する動物(特に攻撃性)
●重症動物、特に感染性の強い疾患
(パルボ、汎白血球減少症、ジステンバー)

まとめると… 「一時預かり失敗」を防ぐ事が重要で、
結局 シェルターに戻って安楽死、あるいは譲渡出来ずに
処分も避けたいがために 一時預かりボランティアの
家庭で引き取る(飼う)ということが起こらないように
することが大事。

【一時預かりの利点】

●家庭での方が集中した管理が可能
●家庭での方がストレスが少ない
●家庭だと動物の過密がない
●感染性疾患の危険性がない
●シェルターでスペースが空く
●譲渡に適した動物の安楽死を防ぐ
●シェルターでは出来ない社会化

【一時預かりボランティアの目標】

●シェルターでの生存率・譲渡率を上げる
●シェルターでの治療を減らす
●動物の数を減らし、感染性疾患を減らす
●市民との関係性を向上
●行動学的にもより健康な動物を譲渡する
●譲渡可能な動物の安楽死を減らす

【預かり動物の収容環境】●生体を安全に確実に収容できる(逃げられない)
●水、トイレ、ご飯、適切な囲い
●特別な配慮(特に温度)

【注意点】

●預かり猫の病気伝搬の可能がペットも人にもあること
●幼い子供との接触はなるべく避けること…
子供は力加減が分からず、仔猫が怖がり、そこから
人間嫌いになることもある。また、サルモネラ菌の感染も症例あり。
●動物、排泄物、トイレに触った後の手洗い迎行
●2週間は自宅のペットとの接触を防ぐ(2週間後に対面させる)
●ノミ予防はまめに
●場所のルーチン消毒、導入する前には全部消毒
●一腹ごとで感染症を防ぐ …例えば5匹仔猫を預かったら
5匹全てを手離すまでは新しい仔猫の預かりはしない。
最後の1匹を譲渡(もしくはシェルターに返した)後は、
環境の消毒を済ませてから 2日ほどは空けて
新しい仔猫を引き受ける。

そこまでしても、軽度のFVR(猫ウイルス性鼻気管炎)が
ペットにうつる可能性もあることを知っておきましょう。

【適切な社会化のために】

●他の動物との接触は慎重に
●1日目は場所に慣らす
●抱っこは30秒ごと(触りすぎない)
●ノラ子猫は、母猫との分離が早ければ早いほど良い
●人は安全で優しい存在だと教える。
…薬を飲ませる時には膝の上で抱っこして飲ませるのではなく、
体をタオルで巻いて 台の上で行う。膝の上で抱っこされて
嫌な体験をすると、抱っこは嫌なことだと連想して抱っこ
苦手になってしまうため。 生後5~6週齢になったら、
箱(ケージ)から部屋に出してOK! テレビの音、
電話の音、掃除機などにも慣らす。

【仔猫に多い症状、病気を知っておく…
異常なサインを読み取る】

●下痢とその原因
(寄生虫、ウイルス、食餌、ストレス、食べ過ぎ)
→下痢が3~4回続く時には便検査を受けること
●嘔吐(食べ過ぎや、食べるのが早すぎるだけかも。
2~3回続くなら病院へ)
●耳ダニ
強烈な痒みで耳の後ろを掻く、頭を振る。
耳の中に黒い塊。感染性あるため 他の猫も同時に治療が必要。
●仔猫衰弱症候群
生後1~2週齢で死亡。原因不明。
 先天性異常か? 確実な治療法はない。
●猫ウイルス性鼻気管炎
…伝搬力が強く、シェルターに多い

【ノミ退治は】

●生後6週齢以上であればスポットオンが使用可
●6週齢未満は毎日のノミ取り用のクシでのコーミング。
但し、重篤ならばノミとりシャンプー
●4週齢で2ポンド(900㌘)以上なら経口投薬可
…成ノミなら90分以内で駆除でき、4~6時間持続
するが 卵や幼虫には効果なし。
●掃除機 …ゴミパックの中にノミパウダーやノミカラー、
     ノミスプレー入れるとよい
●家の中はバルサン



総まとめ

★動物も悩みも抱え込まないこと!
★何かあったらすぐに獣医師に相談し、
楽しくフォスター(預かり)しましょう!

・・・以上、とても勉強になり、考えさせられました。
十分理解してから一時保護すること、大切ですね!





スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

やまねこうり

Author:やまねこうり
仲良しクラブのメンバー
です。
日々猫達に振り回され
ています。
レスキューしたベンガル
瓜(うり)さんは
2017年4月に虹の橋へ😿
そのあとを引き継いだ
のは自称ベンガルmix
ナッツ(アニパル出身)
当然山猫ダッシュが
得意で他の猫達が獲物
ダミーのため、大変
迷惑がられております
(;^ω^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろックCute DC01
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR