fc2ブログ

福島避難区域の奇跡

太郎君繋がりでもう一つの出来事がありました。
太郎君の新しい飼い主さん探しのため、他の里親探し
協力サイトにも太郎君の募集を載せていました。

太郎君のトライアルが決まったあと、一人の方から
協力サイトを通してお問い合わせがありました。

預かりメンバーに連絡し、お問い合わせいただいた方に
太郎君はトライアルに入ること、他の飼い主さん
募集中のねこさんの紹介等のメールを返信して
もらいました。
ところがその返信で意外な事実が・・・。
以下です

ご連絡ありがとうございます。
震災は大変でした。昨夜は何ともなかったのですが…

震災による原発の影響で避難の際に飼っている猫を
連れてくる事が出来なかったんです。

飼い猫以外にも庭にやってくる猫達の事を考えると、
毎晩涙が止まらなくなってしまいます。

今回添付して頂いた猫ちゃん…トラ柄なので飼い猫に似ています。
被災地の猫ちゃん達も庭に来る猫ちゃん達のようです。

すぐにでもお引き取りしたいですが…
私元々の住まいは、福島県双葉郡です。避難勧告の為
今はいわき市に引っ越しました。

多賀城市からは大分遠いですよね…

なんと!メールをくださったのはお隣、福島県の
しかも避難区域10キロ圏内にお住まいの
Aさんでした。

早速、避難区域のわんにゃん引き出しに尽力くださって
いる団体さん数か所の連絡先などをお知らせしました。

そしてその返信です

猫の件の情報ありがとうございました!
記載には7日までにと書いてありましたが、
もしかしたら…と言う望みを持って連絡してみました。

飼い猫は首輪もついてないし、ありがちな雑種なので
あまり過剰な期待はしていけないと思いつつも
無事であること、再開することを願わずにはいられません…


わずかながらの希望ではありますが、
本当に貴重な情報を頂けて幸いです。

ペットを飼う事は人間のエゴだとは思って居るのですが…
今まできちんと飼い主を家族で努めて来たのに
「置き去りにされたペット」なんて言う報道を聞くと、
腹が立ちます。置いて来たかった人なんて誰も居ないのに…

確かに家族の身が安全だった事は良い事だし、
被害を大きくしない政府の対応、手当給付は
納得出来るのですが…動物といえども大切な命。
お金を渡されて納得出来る問題ではないと思うのです…

自分の無力さにもガッカリしました…

・・・そうなんです。
誰もわんにゃんを置いていきたかった飼い主さん
なんていないんです。
皆「すぐ戻れる」「1.2日程度の避難」と思って
とるものもとらず避難しています。

福島県はとてもきれいないい県です。
やまねこうりは特に相馬市の松川浦でとれる
あおさのりが大好きでよく季節には買いに
行ってました。でも、もうあの湾も津波で
一瞬にして消えてしまい、全く別の風景に
なってしまいました。
福島県が全国から誤解されるのは、同じ
東北県として本当に悲しく辛く、腹立たしい思いです。

やまねこうりは個人的にはずーっと高校生くらいの
ときから「反原発」主義です。専門書もとにかくいろいろ
読みました。この狭い日本のなかで、どの原発に
何かあっても大変なことになる・・・という危機感を
常に持っていました。
原発への思いはまた別な機会に書きますね。

そして、最近になってこの福島の猫ちゃんの
なんと!朗報が届きました。

以下です

ご連絡ありがとうございます!

我が家の猫は14日にボランティアの方に保護して頂いたんです。

去勢もしてワクチンも打って…
一緒に暮らしてます。
以前の様に元気な感じはないみたいですが、食欲はあります。


気にかけて下さって本当にありがとうございますm(__)m

fukusimaneko.jpg

無事救出された飼い猫ちゃんの画像も
送って下さいました。
本当に奇跡的な再会だったと思います。
あきらめない飼い主さんの思いが
奇跡を生みだしました。
そして危険を顧みず、避難区域から
救出したボラさんの勇気と使命感に
心から感謝します。

1頭のにゃんちゃんの命、
本当に重いです・・・。
スポンサーサイト



コメント

Secret

逆性せっけん とは

福島のAさん、飼い猫ちゃん取り戻せて良かったです!現地入りしたボラさんには本当に頭が下がります。YouTubeでも現地の動物たちの様子を見ましたが、悲惨で可哀想で…。福島第一原発から20km以内の家畜の殺処分については安楽死だと当初は耳にしていましたが、違いましたね。『麻酔無し。鎮静剤注射→逆性せっけんを静脈に致死量注射』の方法だと。逆性石鹸は消毒薬であり、リンスや柔軟剤にも使われる薬品。…瀕死の状態で早く楽になりたいであろう牛さん、馬さんたちの体内に消毒薬を…もう考えられません。『この方法はどれほど動物が苦痛を伴うのか』については情報乏しいのですが“麻酔無し”で消毒薬を血管に注入されれば死ぬまでもがき苦しみます(獣医師の話)。麻酔をして欲しい。『家畜だから』『動物は感情がない』と言う方も中にはいますが、その語尾にどうか『?』を着けてみて欲しい…。かと言って麻酔薬の経費、私には到底負えない(ρ_;)。鎮静剤は暴れられないようにする為であり麻酔と違うので意識は死ぬまである。もはや暴れられないくらい弱っている場合には鎮静剤も無し。動物たちに許しを乞うことは出来ないので…心から、謝ります。
プロフィール

やまねこうり

Author:やまねこうり
仲良しクラブのメンバー
です。
日々猫達に振り回され
ています。
レスキューしたベンガル
瓜(うり)さんは
2017年4月に虹の橋へ😿
そのあとを引き継いだ
のは自称ベンガルmix
ナッツ(アニパル出身)
当然山猫ダッシュが
得意で他の猫達が獲物
ダミーのため、大変
迷惑がられております
(;^ω^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろックCute DC01
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR