fc2ブログ

チロちゃん安らかに・・・。

皆さま、ご支援そして心強い応援
ありがとうございます。
被災地の空の下感謝の気持ちしか
お伝えすることができず申し訳ないです。

2度の大きな地震で延期になっていた
キジトラ男の子の太郎君も無事、3回目の
仕切り直しでトライアルに入り、
1週間を経て、正式に新しい飼い主さんに
迎えて頂けることになりました。

yonekuratarokun.jpg

新しいおうちで既にまったりムードの
太郎君。みるからに幸せいっぱいです♪

太郎君は、JRの駅に子猫のときに
5兄弟で遺棄され、野良猫生活を
送っていました。
メンバーが根気強く慣らし、全頭保護し、
5頭とも皆とてもいい飼い主さんとめぐり合うことが
できました。

ただ、今回の地震で、太郎君の兄弟の1頭
シャム系の男の子は、気仙沼にお住まいの
飼い主さんに迎えられていたため、私たちは
飼い主さんの安否を心配していた矢先でした。

地震直後、飼い主さんから、メンバーに
メールが届きました。

以下メンバーから私に届いたメールです


実は、3月21日(月)、石巻のSさんから
【津波で、家が流され、チロが行方不明になってしまいました。
毎日、探しに来ているのですが、見つからなくて…辛いです…涙】

が来ました。私も、石巻の被害をテレビで見ていましたし、
石巻の友達からも様子聞いていたので、Sさんにメールしてみようと
思っていたその日に、先にを頂いてしまいました。
昨年、シャム風の子猫を貰ってくれた方です。
私からすぐに電話しました。
自宅、事務所、新居(家を買い、引っ越す段取りが出来ていました)
全て瓦礫となり、ダメに。石巻はあの通りなので Sさん家族の命が
無事だっただけで奇跡だと思います。

チロと名付けてもらい大事にされていました。
そのチロちゃんが この災害で行方不明に。
ご夫婦はすごく すごく 悲しんでいて 私と電話中にも涙 涙…。
気持ち分かります。

自宅は海のすぐそばらしいです。あんな大地震で、
チロちゃんは探しても呼び掛けても恐怖で見付から
なかったんではないでしょうか。
私は、詳細はとても聞けませんし、聞かなくても、
あの大変な状況では、人間の命が助かるのがやっと
だったの分かるので、聞きませんでした…。辛いですよね。
死んだなら死んだでその姿が見れれば 踏ん切りつきますが
怪我をしてるんじゃないか 自分たちが探しに来るのを
どこかで待っているんじゃないか そう思うと 居ても
たってもいられないですよね。

Sさん夫婦は 石巻の避難所ではなく 今は前谷地小学校に居ます。
石巻の避難所は 遺体安置所になり 居られなくなったそうです。
2日間 ガソリンスタンドに並び続け ようやく手にした燃料で
石巻に戻り チロちゃんを探したそうです。瓦礫だらけ 海水も
まだ残っているような所で 猫の足跡を見付ければ ハッとして
その場で呼び掛けてみたり。

旦那さんも 泣いているそうです。チロちゃんは旦那さんが決めて
くれましたもんね。 奥様が『ごめんなさい』と私に謝ってきましたが
もちろん そんなことないです。
戦後最悪の震災。

大事に大事~に可愛がって貰えたことに とても感謝しています。
ご夫婦、息子さん、ワンちゃんが無事だったので良かったです。

チロちゃんは 地震と崩れる家の中で たぶん 怖くて怖くて
どこかに身を隠したまま 鳴くこともできずに Sさんたちが
ギリギリまで探しても 見付からなかったんではないかなぁと
思うんです。

Sさんは 自宅も事務所も 新居もダメになったということで
更に 『家よりも、チロが…』と泣いていたので この災害で
うんと悲しい辛さの中にいると思います。
私に『チロといた時間は短かかったですが、幸せでした。
ありがとうございました』と言って下さいました。
私からもお礼伝えました。

Sさんは 本当に優しい飼い主さんでした。
今は ご家族と ワンちゃんが無事だったので 何とか
頑張っていることと思います。

yonekurachiro.jpg

正式に迎えて頂いた直後、こんなに
可愛い画像も送って下さいました。
先住のワンちゃんともすぐに仲良く
なったチロちゃん。

きっときっと飼い主さんと過ごせた
幸せな時間に感謝して、また出会える
ときまで、虹の橋のたもとで待って
いるんじゃないかな・・・と思います。

どうかチロちゃん、安らかに・・・。

スポンサーサイト



コメント

Secret

虹の橋と雨降り地区

〔“雨降り地区”より〕…雨降り地区にいる彼らは地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして同じ悲しみに凍えているのです。死は全てを奪い去ってしまうものではありません。同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶はあなたの心から永遠に消え去ることはないのです。ですからどうか別れの悲しみだけに囚われないで下さい。彼らはあなたを幸せにする為に神様から遣わされたのです。そして何よりも大事なことを伝えにやって来たのです。命の儚さと愛しさを。束の間の温もりに感じる慈悲の心の尊さを。その短い生涯の全てを以て教えてくれるのです。癒えることのない悲しみだけを残しに来るのではありません。…それでも悲しくなったら、目を閉じてみて下さい。『虹の橋』にいる彼らの姿が見えるはずです。信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから。。。終/彼らを雨降り地区から虹の橋のたもとへと導きましょう…再会できる日のために☆
プロフィール

やまねこうり

Author:やまねこうり
仲良しクラブのメンバー
です。
日々猫達に振り回され
ています。
レスキューしたベンガル
瓜(うり)さんは
2017年4月に虹の橋へ😿
そのあとを引き継いだ
のは自称ベンガルmix
ナッツ(アニパル出身)
当然山猫ダッシュが
得意で他の猫達が獲物
ダミーのため、大変
迷惑がられております
(;^ω^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
くろックCute DC01
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR